「炭水化物と食物繊維の組み合わせでダイエットはできるの?」

ダイエットには大敵な糖質が多い「炭水化物」
ご飯、パン、パスタ・・どれもはずせないですよね^^;

ラーメン

「炭水化物」は太りやすいからと「炭水化物抜きダイエット」
なるものが流行りましたが、やっぱり程ほどに食べないと身体によくないそうです。

 

ただ、大好物だけに食べるとなると
ついつい食べ過ぎてしまうのが悩みの種なのです^^;

sponsored link

では、ダイエットの大敵と言われる「炭水化物」ですが
うまく付き合っていく方法があるのです。

 

それは「炭水化物」と「食物繊維」を仲良くさせることです。
「炭水化物」「食物繊維」組み合わせて食べることで太りにくくなるそうです。

 

なので、
今回は「炭水化物」+食物繊維ダイエット」についてシェアしたいと思います。

 

炭水化物に組み合わせると太りにくい「食物繊維」とは?

食物繊維は糖質の吸収を阻害してくるので
血糖値がいきなり上がることはなく、インスリンの分泌が穏やかになります。

 

ほかにも食物繊維は、腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)を盛んにし、
消化管を通過する時間を短縮させます。なので、便秘を解消します。

 

ごぼう、とうもろこし、さつまいも、きのこ類の水分の少ない野菜類
(不溶性植物繊維)は特に、便秘解消にむいているそうです。

 

この組み合わせダイエットは、少し前に流行った
「食べる順番ダイエット」と同じ効果があるといえます。

「食べる順番ダイエット」のやり方

最初にサラダやおひたしなどの野菜を食べて
その後に、タンパク質⇒脂質⇒炭水化物と順番に食べていきます。

 

まさに、「食べる順番ダイエット」は糖質の吸収を阻害
することで太りにくくなるダイエットなわけです。

 

ただ、この「食べる順番ダイエット」通りに食べるのが抵抗ある人も多いはず!
やっぱり、おかずを食べながら白いご飯を食べたいですもんね^^

 

調べたところ、きっちりこの順番を守らなくても、最初にできるだけ食物繊維(野菜)
などを多くとって、後は好きな順番に食べても効果は十分あるそうです。

 

ご飯以外にもパスタなどの麺類もありますが
その場合、麺に野菜をたくさん乗せて食べることで同じ効果があるそうです。

 

まとめ

「ダイエット」というと「ストイック」にやる!というイメージですが
1年間で目標体重まで落とす、目指す体型にするなど
長いスパンで考えたほうがダイエットは成功しやすいそうです。

 

やはり、程ほどに楽しんで食べながらも工夫してスッキリしていくというのが
リバウンドなしの健康的なダイエットになるのではないでしょうか。

 

まずは、「炭水化物」+「食物繊維」という工夫から始めてみましょう^^