ダイエット中なので外食は控えたいけど
外食しなければいけない時ってありますね^^;

外食

でも、外食ってやっぱりカロリー高いじゃないですか・・
だけど、いろいろお付き合いもあるし断れない。

 

でも、これからは大丈夫です!
外食するときにも、5つのルールを守れば
ダイエット中でも怖くありません!

 

ダイエット中でも痩せ体質に導く外食方法があるのです♪
では、正しい「外食のルール」を紹介します。

 

sponsored link

太らない外食方法!5つのルールとは?

その1 肉、魚、卵はきちんと食べる

とくに、肉などはダイエットに大敵!
と思われがちですが、それは大きな間違いです。

実はこれらの食品はダイエット強い味方で
肉、魚、卵に含まれるたんぱく質
肌や髪を健やかにする他にも
筋力、内臓などの栄養素になる食べ物なのです。

ダイエットには、必須の食べ物だと思ってください。

 

その2 野菜・果物、発酵食品をきちんと食べる

ダイエットに積極的にとるべき乳酸菌や酵素
野菜、果物には美容に最適な酵素があり
発酵食品には、腸内環境を良くしてくれる乳酸菌がいっぱい!

ダイエットには必須食品です。

 

その3 焼肉を食べるよりジンギスカンがおすすめ!

焼肉はダイエットには大敵のような気がしますが
ジンギスカンならヘルシーに食べることができます。

牛リブロース肉100gが468kcalに対し、
ラムロース肉の100g当たりのカロリーは227kcal。
ラムだと牛肉の半分のカロリーなのです。

しかもラム肉には、「カルニチン」という
脂肪燃焼効果がある物質が多く含まれています。

 

その4 ファーストフードより牛丼屋がおすすめ!

「早い安い旨い」な外食をするなら食品添加物やトランス脂肪酸
人工調味料や防腐剤が気になるファストフードよりも

ダイエットにおすすめ食材「肉、卵、納豆」などが食べられる
牛丼屋の方が栄養バランスがバッチリでダイエット向きです。

 

その5 パスタを食べるならトマト系がおススメ!

女性のランチ会といえば「イタリアン」が多いですね。
その中でも人気のパスタ!

パスタの中でもカルボナーラは高カロリーなので
ダイエットに不向きのソースです。
ミートやナポリタンのトマト系パスタならば
野菜も多く栄養バランスがバッチリです。

 

さいごに

この食事・外食ルールを守れば
量を食べ過ぎることさえなければ
ダイエットには向いている食事方法です。

 

ダイエット中だから「外食はなし!」
と寂しいことは言わずにバランスよく
ダイエット向きの食事をすれば
外食しながらでもダイエットが可能になりますね^^