「基礎代謝を上げるのに1番簡単な方法は?」

よく、ゆっくり食べると満腹中枢が刺激されて

空腹感がなくなるといいます。

 

 

ゆっくり食べることはダイエットをするのに必須だと思いますが

今回、東工大が人で実験した結果

「ゆっくり食べると基礎代謝が上がる」ことがわかったそうです。

 

ゆっくり食べる

今回はその情報をシェアしていきたいと思います。

 

 

今まで、食べるのが早いと太りやすいとか

早食いが過食の原因となって太りやすくなるなど言われてきました。

 

 

実際に、一定の食事をした場合

食べる早さが体重にどのくらい影響を与えているかは明らかになっていません。

 



今回、東京工業大学大学院社会理工学研究科の林教授らのグループ

ゆっくり食べる方が食事の後のエネルギーが増えることを人で証明しました。

 

 

この証明は、よく噛むことが習慣となれば

ダイエットにつながる期待があるという意味のだそうです。

sponsored link

研究成果

10名に20分安静後、300kcalの食品をあたえ、
その食品をできるだけ急いで食べたときとゆっくり食べたときを比較。
その結果、咀嚼回数は前者で137回、後者で702回。
基礎代謝の1割を占める食事誘発性体熱産生量は前者が7cal/kg
後者が180cal/kg。消化管の血流も後者で有意に高値。
100kcalの食事の場合も同様な結果が得られた。

 

この実験からすると、体重60キロの人が食事を1日3回ゆっくり食べる

基礎代謝を11.000kcal上げられることになるそうです。

基礎代謝がここまで上がると、脂肪が1.5キロ燃焼することになります。

 

 

今まで「ゆっくり食べる」ということが

体に良いのはわかっていたつもりですが

いざ、行動しようとしてもやはり自分のペースで食べてしまっていました。

 

 

それは、たぶん「体に良い」という漠然とした情報しか無かったからだと思います

 

 

でも、今回のような人で実験を行い、しっかりとした数字が分かるとなると

げんきんですが^^;こちらの意識もだいぶ変わってきますよね。

 

 

だって、筋力をつけて基礎代謝を上げるのはかなり大変なわけですが

食事をゆっくり食べるならできそうですよね。

 

 

脂肪が1.5キロ燃焼するなんて驚きです!

健康的にもよいですし今日からさっそく実践開始です^^