「睡眠ダイエットってあったらいいな!」

そんな都合の良いことはないよ!
といいたいところですが実は
睡眠とダイエットって大きな関係があるそうです。

睡眠

たくさん寝たからマイナス3キロ減った!
なんてことはありえませんが
睡眠のコツを覚えると、ダイエットしやすくなるといこと。

 

かなり、興味があるので調べてみたことを
シェアしていきたいと思います^^

寝ながら痩せる理由とは?

ポイントは痩せホルモン

痩せホルモンと呼ばれる成長ホルモン「コルチゾール」
寝ている間に多く分泌されます。
脂肪分解してくれる働きがあるのです

 

睡眠の質が大切

数時間しか寝ない、眠りが浅いなど
寝不足や睡眠の質が悪いと脂肪を蓄積しやすく
太りやすくなってしまいます。

 

ぐっすりと質の良い睡眠が出来る人は
脳を休ませることで、体が修復されるといわれています。
早寝はダイエットだけでなくアイチエイジング効果
もあるといわれていますね。

 

sponsored link

痩せ体質になる睡眠時間

ダイエットに効果的な睡眠時間は6時間以上は必要です。
理想は7.5時間
就寝時間は0時までにすれば問題なしです。

 

そして、痩せホルモンと言われる「コリチゾール」
たくさん分泌される時間帯があります。

 

究極の美容時間帯は、眠りについてからの3時間です。
そして、ピークが夜中の2~3時頃なので

一番痩せやすい時間に合わせて就寝するのが
ダイエット効果が倍増するのです。
(23~0時就寝が理想)

 

どうしても睡眠時間を確保できない
体質的に眠りが浅い人は3時間は深く眠れる時間を確保して
ぐっすり眠る対策をしてみましょう。

 

たとえば、眠りの浅い人は0時に就寝できるように
目指してみるなどするといいです。

寝つきが悪い人の対策

  • 寝る直前にテレビやパソコンなどを見ない
  • 寝る直前に激しい運動はしない
  • 寝る直前にお風呂にはいらない(一時間前が理想)
  • 寝る直前にカフェイン入りの飲み物を飲まない
  • 寝る直前に食事は取らない(3時間前に済ます)
  • 昼寝は短くする
  • 証明は暖色系
  • 枕やマットレスを寝やすいものに変える

効果は?

さて、理想的な寝ながらダイエットできる
「睡眠ダイエット」

実際どのぐらいの効果があるのでしょうか。

睡眠ダイエットには
1日に約300カロリーの消費
1か月で約1キロを自然に減らすことができます。

 

ダイエットの理想ですね。
自然に1キロ痩せれればリバウンドもなく
気付いたら、スッキリしていたということです。

 

今まで睡眠時間を意識せずに過ごしていたのなら
とってももったいない話なので、今日から自然に1キロ落ちる
「睡眠ダイエット」を意識してみようと思います。