「リバウンドの原因が分れば防止ができる!」

 

見事にリバウンドをして太ってしまった私ですが
次は必ずリバウンドをしないようにしようと決心しました。

 

なので、
しっかりとリバウンドをしない方法
調べておこうと思います。

リバウンド

まず、リバウンドをしてしまう原因
なんなのか考えてみましょう。

 

sponsored link

リバウンドの原因とは?

リバウンドとはどのような現象
指しているのでしょうか?

ダイエットをやめた後に
体重がダイエット前、もしくはそれ以上に
増えてしまうことをいいます。日本人はダイエット経験者のうち
60%以上がリバウンドしています。最悪なのはリバウンドを繰り返しているうちに
太りやすく、痩せにくい体質になってしまいます。

 

う~~ん・・耳の痛い話です^^;
私はリバウンドは初めてなので
まだ、なんとか努力すれば痩せれそうですが
次にリバウンドを繰り返したら危険ですね^^;

 

そして、
リバウンドするのに2つの原因がありました。

 

原因① ホメオスタシスと停滞期

食事制限によるダイエットを行っていると
順調に減っていた体重が、ある時期から減らなくなります。

 

これを「停滞期」といいます。

 

「停滞期」の原因は
「ホメオスタシス」という体の機能にあります。

 

「ホメオスタシス」とは、体に少量のエネルギーしか入ってこない場合
エネルギー消費を少なくさせて、体を維持する機能です。

 

「ホメオスタシス」機能が働くと食事の量にともなって
エネルギー消費量も減るため、体重が減りにくくなるのです。

 

そして、
「停滞期」にダイエットを諦めると・・

「ホメオスタシス」の機能は続いているので
食事量を戻したとしても、エネルギー消費量がダイエット前よりも
少なくなっているので、余分な脂肪が増えてしまうのです。

 

原因② レプチンの量と満腹感

ダイエットをしていると
満腹感に変化が現れます。

 

「レプチン」とは脂肪細胞に脂肪が吸収すると
分泌されて、脳の満腹中枢を刺激する物質です。

 

ダイエット中に食事を減らしていると
「レプチン」の分泌量が減ります。

 

ダイエットを中断し、食事の量を元に戻した場合
「レプチン」の量も変化するのですが
適正量に戻るには一ヶ月ぐらいかかります。

 

なので、一ヶ月間は「レプチン」の量が少ないため
満腹感が感じられず、今までより食べる量が増えすぎてしまうのです。

リバウンドをしないためには

「ホメオスタシス」

「レプチン」

の機能を理解することで
リバウンドを防ぐ方法がわかります。

 

ホメオスタシスを働かせない

ホメオスタシスを働かせないためには
一ヶ月に5%以上の体重を減らさないようにすることです。
短期間で減量するのが一番ホメオスタシスを働かせる原因になります。

 

レプチンをセットする

レプチンをセットするには一ヶ月は必要です。
減らした体重を一ヶ月維持することでレプチンをセットすることになります。

停滞期に入っても、ダイエットを諦めなければ
リバウンドは防げるのです。

最後に

私は4年前、
マイナス7キロのダイエットに成功したとき
7ヶ月かけて減量しました。

 

月に1キロ減らしたことになります。
これは、原因①のホメオスタシスを働かせなかった
ことで、成功したのでしょう。

 

ま、結局は4年後リバウンドしてしまったのですが
私の場合は、ベスト体重を維持する生活習慣を
保てなかったのが大きな原因なので^^;

 

この記事に書いたリバウンドの
原因とは異なりますね・・

 

このことから
一週間でマイナス3キロとか
一ヶ月でマイナス5キロとかは

リバウンド率が高くなることがわかりました。

 

今回のダイエットも
月に1キロから2キロの減量を目指して
ゆっくりダイエットしていこうと思います^^