「脂肪燃焼しやすい食べ物って何?」

体重を落とすには食事の量をコントロールして
カロリー摂取量を減らすことも重要ですが
何を食べるのかも同じぐらい重要だそうです。

脂肪燃焼

 

食べ物には、血統を保ち甘いものを食べたいと思う気持ちを
抑えてくれるもの、満腹感を持続させてくれる食べ物があるといいます。

 

 

どうせなら、楽して効率よくダイエットしたいですね。
では、ダイエット効果のある5つの食べ物を紹介します。

 

脂肪燃焼する5つの食べもの

 

1.ココナッツ

スーパーフードとして注目の食べ物。

いろいろな食物にある長鎖脂肪酸にに比べると
中鎖脂肪酸を含んでいるココナッツオイルは消化吸収が早いので
すぐにエネルギーに変わってくれる。

 

2.アップルサイダービネガー(りんご酢)

りんご酢はミネラル酵素、ビタミン、アミノ酸を多く含んでいる。
炭水化物を取る前に飲むと食欲を抑えるのに役立つ万能飲み物。

 

3.レモン

ビタミンCといえば、「レモン」
ビタミンCを多く摂取すると、脂肪が燃焼されやすくなる。
ビタミンCば不十分な人と比べると30%も脂肪燃焼率が良いということ。

レモン水を飲む、サラダにレモンをかけるなどすると摂取しやすい。

 

4.天然物の魚

たんぱく質、オメガ3脂肪酸が豊富なサーモン、ニシン、マス、イワシは減量に有効
しかも、筋肉量の維持にも効果がある。

 

5.グレープフルーツ

食事前にグレープフルーツを半個食べると体重を減らす効果がある。
低カロリーで酵素を多く含まれていいて、満腹感を得られる果物。

 

 

個人的にあまりしょっちゅう食べる食材ではありませんが
これからは意識しえ摂取してみようかと思います。