「効果的な運動時間ってあるの?」

 

効果的なダイエットをするには
食事と運動のバランスが大切になります。

 

毎日、仕事や育児で忙しい私たちは
できるだけ効率よくダイエットを行いたいですよね。

 

とくに、運動は自分の限られた時間の中で
うまく運動時間を確保しなければいけないので
効果的に効率よく行いたいわけです。

 

もし、効率よくダイエット効果のある運動時間帯
あるとしたらぜひ実行したいですよね。

有酸素運動

では、見ていきましょう。

sponsored link

理想の運動時間

有酸素運動をするのに理想的なのは
空腹時にするのがベストだとされています。

 

もっと言うと、
起床後、朝食前のタイミングです。

 

もちろん、夕食前でも大丈夫です。

 

一般的に、体脂肪率減を目的とする場合
有酸素運動は空腹時に行うのがベストとされています。

 

なぜ食事後だと効率が悪いのか?

夕食後の運動だと、体内にグリコーゲンが増加して
脂肪燃焼の効率が悪くなるためです。
(グリコーゲンとは、人が食事をするたびに肝臓や
筋肉内に蓄えるエネルギー減)

 

また、有酸素運動ですが
がむしゃらに続けても筋肉の分解に繋がるだけなので
喋れる程度のペースで30分を目安に行ってください。

 

そして、
ダイエットを更に効果的に行うには筋肉量を増やすことです。
筋肉は、脂肪燃焼威マシーンになりますので
できるだけ、たんぱく質を摂取して
持続できるぐらいの筋トレを行うと効果大です。

 

理想的な食事内容とは

更に、運動のタイミングと同じぐらい
重要なのは食事内容です。

 

高たんぱく、低カーボ(炭水化物)を心がけると
ダイエット効果は更に上昇します!

 

炭水化物の取り過ぎ
インスリンと呼ばれる成分の分泌を促します。
(このインスリンは食事から出た余分なエネルギーを脂肪する)

 

白いご飯はグリセミック指数(この指数が高い程、インスリンが分泌する)
の高い代表食品なので、白ご飯の変わりに玄米に代える
もしくは、一杯分の量を減らすなど工夫するとダイエットの近道になります。

 

同じダイエットをするなら
効率的な方法を使って
モチベーションが下がる前に
ダイエットの効果を出していきたいですね^^