「ダイエットには食事日記をつけると痩せやすいってホント?」

 

「レコーディングダイエット」って知っていますか?

毎日食事日記をつけることで、ダイエットができるという方法です。

 

「レコーディングダイエット」とは
食べたものをすべて記録して「1500kcal以内に収める」ということ。

 

「岡田斗司夫」さん著書の「いつまでもデブと思うなよ」
50万部の大ベストセラーになったことで有名ですね。

「レコーディングダイエット」の内容

一年間で五〇キロの減量に成功した著者が到達した結論。それは、ダイエットは楽しく知的な行為であり、ロー・リスク、ハイ・リターンの最高の投資であるということだった。必要なのはメモ帳一冊。それだけで運動不要、持続可能なダイエットは始められる。そして重力から解放された後は経済的、社会的成功が待っているのだ。過去のすべてのダイエット本を無力化する、究極の技術と思想が詰まった驚異の一冊。

 

「レコーディングダイエット」は2007年に出版された本なんですね。
少し古い本になりますが、楽天でのレビュー数は232件
しかも評価が「☆4」つあり高かったようです。

 

当時、聞いたことはあったのですが
その頃は、ダイエットに無縁だったので^^;スルーしていました。
しかも、食べたものを書いただけで痩せるの?と半信半疑に感じていたと思います。

 

しかし、こんなに評価が高かったとは・・なんせ用意するのはメモ帳だけ。
とても簡単なダイエット法ですね。

 

私の場合は、せっかくの機会なのでこのブログをメモ帳代わりにして
毎日の食事やカロリーを記録していこうと思います。

 

sponsored link

レコーディングダイエットのやり方

『レコーディングダイエット』は、段階別に「助走→離陸→上昇→巡航」と
飛行機の発進プロセスになぞられています。

助走(5日日)

食事制限は特にしないで食事内容・食事時間・体重を徹底的に記録。

 

離陸(1週間)

体重&体脂肪率を毎日記録。
同時にカロリー計算も行って自分が摂取しているカロリーを知る。

 

上昇((5日間)

1日の目標摂取カロリーを自動的に計算してくれる
便利なうるおいドットネットを使って設定。

ピースの場合は「1200カロリー」に設定しました。

 

最加速(3日間)

食べる前には本当に「空腹」なのか
食後は「満腹」か「足りない」かを記録。

 

起動到達(3日間)

体重・体脂肪があるべき数値で落ち着き
食べたいものを食べても本来の体型が維持できる時期。

 

月面着陸(3日間)

地球と比べて重力が6分の1の月世界。
何もかも軽く感じることを意味するのが月面着陸です。

(ここで約1か月、どのぐらい軽くなったでしょうか)

 

「レコーディングダイエット」をすることで
毎日の食事や行動の習慣を意識することができ
自然とそして楽に体重が減っていくのかもしれません。

 

ということで、ピースも意識して
今日から「レコーディングダイエット」してみようと思います。