「お腹のたるみを取る簡単な方法は?」

40歳を過ぎてから、加齢関係のいろいろな悩みが出てきますが、ピースの1番の悩みは「お腹のたるみ」です。ほんと、ここ数年でずいぶんとお腹周りのビジュアルに変化が出てきてしまいました^^;

食事量などは今までと変わらないのになぜ?そんなクエスチョンマークが並ぶ疑問点についていろいろ調べてみました!

お腹のたるみの原因は?

1.炭水化物の取り過ぎ

やはり、炭水化物を取り過ぎるのは良くないようです。(だからといって栄養面上、炭水化物抜きはダメですが・・)

私の場合、炭水化物についてはものすごく実に覚えがあるので、納得しています。とくかく昔から「パスタ&ラーメン」が大好きなので、アラフォーになった今でもその好みは変わらず食べまくっていました。

2.筋力低下

年齢を増す事に筋力は低下していきます。特にお腹周りは内臓などの臓器を守るために皮下脂肪が付きやすいそうです。

特に意識して筋力を付けていかないと、お腹周りは普段使われる部分ではないので、年齢と共に衰えてたるみが目立つようになるのです。

 

あ~まさにピースのことですね・・^^;

 

なので、お腹のたるみを取るには「腹筋を鍛えましょう!」ということなのですが、その腹筋も身体の軸になるコアマッスルを鍛えることが大切なので、コアマッスルを鍛える簡単で効果のあるエクササイズを見つけたので紹介します。

 

sponsored link

お腹のたるみを解消するハンドレッド

腹筋を鍛えるエクササイズっていろいろありますが、やっぱり簡単な方法じゃないと長続きしませんよね。その中でも簡単のがピラティスのエクササイズの中にある「ハンドレッド」です。

ピラティスにも何種類のエクササイズがあるのですが、この「ハンドレット」お腹のたるみを解消するコアマッスルを鍛えるのには、簡単で効果があるのです。

ただ、腹筋の弱い人と強い人と個人差があるので、腹筋の弱い人用の初心者ハンドレット、強い人用の中級者2週類のハンドレットを紹介します。

文章で伝えるより、動画を見た方が早いと思うので、ご覧ください↓

いかがでしたか?

覚えやすいし、簡単ですよね♪足を伸ばしてやるのがキツイひとは、足を曲げていても効果はあるので、ぜひ試してください。

とにかく、単純で簡単なものが一番長続きします。無理をしないで、毎日1分ぐらでもハンドレッドを行うと、お腹がだんだんとスッキリしてきますよ!