食品添加物・・賛否両論ありますが悪者扱いされやすいのは確かですよね。

食品添加物

添加物によって甘み、色、香りなどが人工的につくれます。ですが、添加物のすべてが身体に悪いわけではありません。添加物には身体に無害なものもあれば取り過ぎると良くないものもあるそうです。

 

ただ、健康目的に飲む「酵素ドリンク」に関しては個人的には添加物が入っているのはどうかと思っています。

 

と、いうか「酵素ドリンク」に添加物って入っていないでしょ?って思い込んでいる人も多いような気がします(私がそうでした^^;)

 

なんとなく、健康を謳っている食品に添加物が入っていないのが当たり前・・って思っていたので(笑)

 

で、いざ酵素ドリンクを買ってみようと思いいろいろ調べてみたのですがけっこう添加物が入っている酵素ドリンクが多かったのです^^;

 

最初は、値段が安いから・・と安易に決めようと思っていたけれどあれ?よく見たらこれって添加物の表示だよね・・って。

 

断食が目的だったので、断食でデトックスするのに添加物が入ってる「酵素ドリンク」飲むの?ってどうなの?って感じじゃないですか・・

 

では、なぜ酵素ドリンクに添加物を入れるのでしょうか?

 

酵素ドリンクに添加物を入れる理由

飲みやすくする

元々、酵素発酵液は味は美味しいわけではなくクセがあり、飲みにくかったりします。

 

なので、飲みやすくするための添加物を使用します。

飲みやすくするために、甘くするための甘味料や糖質。

すっきりした酸味を出すための酸味料。

美味しそうな色にするための色素。

香り付けに香料。

 

薄める

酵素発酵液にフルーツ果汁や野菜エキスを混ぜて薄めて粘り気、とろみを出すための糊料(ゲル化剤)を使う。

いろいろ混ぜているので酸化防止剤や保存料を使用。

原材料の表示をチェック!

優光泉

 

原材料の欄を確認してみてください。

 

「○○糖液」とかいてあったら酵素エキスを糖液で薄めたものエキスを何十倍にも薄めたようなものもあるので注意です。

 

表記の方法として「酵素エキス」と書いてある後にカッコして(各種材料名)と表記されている場合も酵素のエキスを入れてあるだけです。

 

どのぐらい入っているかは何パーセント以上いれなくてはいけないという法律はありませんので・・

 

酵素エキスをほんの数パーセント入れるだけでも酵素として販売ができるので要注意です。

 

酵素はもともと発酵食品なので常温でも腐ったりしません。

 

腐らないようにするための保存料や安定剤香料、着色料が入っているのは100%酵素エキスとはいえないと思いますので。

 

添加物の入っている酵素ドリンクは?

酵素ドリンクってたくさんあって迷いますよね。購入するときにどの部分にこだわるかなんですが私は「無添加」にこだわりました。

 

無添加の酵素ドリンクもいくつかありますが、私が購入したのは「優光泉」です。

 
優光泉

 

「優光泉」に決めた理由は、完全無添加はもちろん!材料そのものから抽出した100%酵素エキスということ。

 

そして、身体によくても味が合うか気になったので、もし気に入らなければ返品ができる全額返金制度があったので安心して購入できるなというのが最後の決め手でした♪

 

参考のために私が調べた中で添加物がある有名酵素ドリンクは・・

 

「お嬢様酵素」
甘味料(スクラロース、ネオテーム)、酸味料(クエン酸)香料、色素(カラメル色素)、ゲル化剤(ペクチン)、保存料(安息香酸ナトリウム)

 

「ベジライフ酵素液」
酸味料・香料として(リンゴ酸)、保存料(安息香酸ナトリウム)

 

有名な酵素ドリンクですが、この2つには添加物が入っていたので購入候補にはなりませんでした。もちろん!別の良さがあるのですが・・

 

酵素ドリンクを選ぶ時は自分が外せないこだわりを決めると選択肢が狭まってくると思いますよ^^