「酵素ドリンクって健康になるためのものなのに、きちんと選んでいますか?添加物が入っていたら要注意です!」

食品添加物

現代人は体内酵素不足の人が多いと言われています。最近、体調がすぐれない人は酵素不足の可能性が大きいかもしれません。とくに

  • 野菜不足
  • 1人暮らし
  • 外食が多い
  • 病弱
  • 疲れやすい
  • ストレスが多い
  • ダイエット中

の人は要注意です。

そして、酵素不足の人たちが簡単に酵素を補うことができるのが「酵素ドリンク」です。酵素ドリンク=健康飲料というイメージがあるので、酵素ドリンクには添加物が入っていないと思っている人も多いかもしれません。

ですが、よく見ると添加物の入っている酵素ドリンクはたくさんあります。

添加物は酵素を壊しますので、酵素ドリンクに添加物が入るなんて本当はありえないのです。なので、酵素で体質改善をしていくのなら「酵素100パーセント」を選んでいきましょう。

では、酵素ドリンクはどうやって選んでいけばいいでしょうか?

 

sponsored link

酵素ドリンクに添加物をいれる理由

まず、なぜ酵素に添加物を入れるのでしょうか。

  • 腐らないようにするために保存料を入れる
  • 味を良くするために香料・甘味料を入れる
  • 見た目をよくするために着色料を入れる
  • リラックスさせるために安定剤が入っている

 

などの理由で保存料をいれていきますが、「酵素100パーセント」の酵素飲料であれば添加物など不用になるのです。

腐らないように保存料を入れる

本来、熟生発酵が十分であれば、酵母菌の働きで酵素飲料は腐ることはありません。

味をよくするために香料・甘味料を入れる

酵素ドリンクの味はクセがあるので人によっては苦手な人もいるので、万人受けするために香料・甘味料を入れる酵素ドリンクもあります。

ですが、本来は野菜の自然の甘みが凝縮されて、ほどよい甘みとフルーティーな風味の酵素に仕上がります。

見た目をよくするため着色料を入れる

酵素飲料は長く熟生期間をおくほど色が濃くなっていきますが、長い=良い酵素ではありません。

酵素ドリンクの選び方

酵素という商品には法律等で、何パーセント以上のエキスが配合されていなければいけないという決まりがありません。なので、液体、粉末、カプセル、ゼリー状と様々な種類があります。

なので、何を基準に選んだらいいのか分りにくいと思いますので、酵素を選ぶときに注意点を上げていきます。

原材料の欄を見る

  • 原材料の場所に、「○○糖液」と書いてあれば、酵素エキスを糖液で薄めたものです
    (なかには、糖液で酵素エキスを何十倍にも薄めたものもあるので注意)
  • 表記の方法として、酵素エキスと書いてある後にカッコして(各種材料名)と表記されている場合も酵素のエキスをいれてあるだけです
    (何パーセント以上いれなければいけないという法律はないので、ほんの少量を入れるだけでも酵素として販売できるので注意)
  • 酵素は発酵食品なので、常温でも腐ることはありませんが、腐らないようにと保存料が入っている、味をよくするのに香料・甘味料が入っているのは酵素の効果を壊す添加物が入っています。

 

選ぶべき酵素ドリンク

原材料に純粋に野菜や果物などの原材料の名前のみ書いてあれば、その材料そのものから抽出した100パーセントエキスということになります。

さいごに

せっかく、体質改善をして健康を維持するために飲むための「酵素ドリンク」なので、「酵素食品」=「良いもの」と惑わされず、しっかり厳選して「100パーセント酵素」の商品を体に取り入れていきましょう!

私が選んだ酵素ドリンク「優光泉」はすべての条件にクリアしています。